乳歯の虫歯で放置は絶対にNG!

乳歯が虫歯になったら、早い段階で歯医者へ行くようにしましょう。

「どうせ生え変わるし」と思って放置するのは絶対にNGです!

もうすぐ抜けると言う時にも、今日明日であれば良いですが、時間がかかると
それだけ虫歯菌がいることになります。

また虫歯が酷すぎると抜けない・・・ということも。

そうならないためにも、歯医者に行って正しい判断をしてもらいましょう。

「乳歯なんて抜けたらおしまいじゃん!」って思うかもしれませんが、
乳歯は永久歯が正しく生えてくるのに大切な役割があります。

そのため『抜いて永久歯が生えてくるまで放置』というわけにはいかないのです。

また、体の成長にも大切な役割があるので、歯があるかないかだけでも
顎の発達が変わってくるので、顔の形や歯並びが変わってきます。

その他にも正しい発音ができなくなってしまうというデメリットも。

ただ、乳歯の虫歯は進行が早く、見つけにくいので、気づいたら大きな穴が
開いてしまったということもあります。

痛みがなかったり、上手に伝えられなかったりすると、気づくのが遅くなって
しまうのです。

初期虫歯であれば治療をしなくても良いのですが、当然虫歯が酷くなれば
抜歯しなくてはいけなくなることもあります。

抜歯後、永久歯が生えてくるまで放置しておくと、永久歯が生える隙間がなくなり、
歯並びが悪くなってしまうこともがあるので保隙装置をつけて正しく生えるようにします。

気をつけなくてはいけないのが、乳歯の虫歯はひとつだけでなくいくつも一度になること。

歯科検診の用紙をもらってきて虫歯だと知った人や子供の頃に経験があるかもしれませんが、
歯医者に行くと、あそこもここも虫歯で「順番に治療する」と言うことがあります。

永久歯よりも虫歯になりやすい乳歯は、それだけ虫歯になりやすいということ!

歯磨きで上手に磨けない部分があれば、その部分がいくつも虫歯になってしまう可能性が
あるので、しっかり磨き残しがないようにしていきましょう。

そして、やはり素人判断では難しい乳歯の虫歯を見つけるには定期健診。

治療以外にも虫歯の進行止めを塗ったり、フッ素塗布やシーラントといろいろありますが、
定期健診は必ず行くようにしてください。

乳歯が虫歯の場合は、最悪永久歯も虫歯になってしまうことがあります。

そうならないためにも、早めに歯医者に行って適切な処置をすることと、一度治療しても
また虫歯になりやすいので、しっかり大人がサポートして最終目標は虫歯のない永久歯を
目指しましょう。

>>乳歯の虫歯に悩まない!ブリアン歯磨き粉はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ