ミュータンス菌と虫歯の関係&対策法

ミュータンス菌は「虫歯菌」とも呼ばれています。

たまに間違えてミュータント菌と言っている人がいますが、正しくはミュータンス菌です。

この菌は、生まれ持って誰でも持っている菌ではないので、
赤ちゃんの時には口の中にはいません。

先天的なものではなく、後天的に虫歯菌を持っている人から感染します。

おもに一番多いのが親。

一番接することが多いので、当然と言えば当然かもしれませんが
・口移し
・スプーンや箸、グラスなどを一緒に使う
・咳やくしゃみ
・キス

などで、唾液から感染します。

また、母親がミュータンス菌が多いと子供にも感染しやすくなるだけでなく、
子供の菌数も多くなってしまい、虫歯になるリスクも高くなってしまいます。

もちろん、母親以外に父親や祖父母、兄弟などからも感染しますし、
いくら気を付けていても外に連れて行けば感染するリスクは高まります。

例えば、保育園や児童館などでお友達と遊んでいるとき。

小さな子は口に入れることが多いですが、他の子が口に入れたおもちゃや
他の子が使ったコップなど、100%防ぐ方が難しくなってしまいます。

ただ、100%は難しくても感染を予防する対策法はあります。

まずは『妊娠中に親が虫歯や歯周病のケアをしておくこと』

赤ちゃんに感染させないためには、親や周りの人が口内環境を良くするのが
一番重要なポイントです。

一番一緒にいる時間が長い人が虫歯では、当然虫歯になりやすくなってしまいます。

次に『感染するようなことは防ぐこと』

これはスキンシップをとらないことというわけではありません。

一緒に食事を食べないと言ってるわけでもないし、歯磨きもスキンシップになるので、
感染の可能性を高くするようなものを避ければ良いのです。

そして、最後に『虫歯予防を習慣化すること』

歯磨きやキシリトールタブレット・ガムなど、虫歯予防に効果的な物はたくさんあります。

またブリアン歯磨き粉のように、虫歯菌や歯垢を除去してくれるものもあるので、
一度入ってしまった虫歯菌も口内環境を整えることで悪さをさせないようにしましょう。

親が虫歯が多いと子供も虫歯が多いことがわかっています。

歯の質が弱いところが遺伝していたり、どうしても虫歯になりやすい子はいますが、
あきらめないでミュータンス菌に感染させないことと、減らすことが大切です。

自分が虫歯に悩んだからこそ、子供には・・・と虫歯ゼロのお子さんもたくさんいます。

子供がすぐ虫歯になると言う場合には、治療のたびに親から感染しているということも
考えられるので、親も一緒にミュータンス菌対策をしてくださいね。

>>ミュータンス菌を除去するならブリアン歯磨き粉を

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ