子供が虫歯だらけ・・・原因は一体なにか

子供が虫歯だらけになり、落ち込んでいる親御さんに限って、
食べものに気を遣ったり、徹底した歯磨きを頑張っていることが多いです。

頑張るからこそ余計に落ち込むんだと思いますが、
「親の責任」と言われるからには、やはりそれなりの理由があると言えます。

歯の質の弱さは遺伝だとしても、歯のない赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

つまり、だれからから感染したから虫歯になっているのです。

また、この他にも子供が虫歯だらけになるのには何かしらの原因があります。

よく言われるのが「歯磨き」

歯磨きは大切ですが、回数よりもしっかり磨けているかどうかになります。

毎回食後やオヤツの後に必ず歯磨きをしていたとしても、きちんと磨けていなければ
歯垢や汚れが落ちずに虫歯の原因になってしまいます。

1日1回寝る前に仕上げ磨きを徹底することで、就寝時の虫歯リスクを下げられます。

きちんと歯を磨いているのに!と言う人の中には、正しく磨けていない人も。

それでは、いくら頑張ってたくさん歯磨きをしたとしても、虫歯になってしまうので、
正しい歯磨きを身につけましょう。

そして「食事」

食事に気を遣っていてもオヤツを食べる回数が多かったり、飲みものがお茶以外の
ジュースやスポーツドリンクなどを飲んでいたら、再石灰化の時間が短くなります。

食べるのが遅い子だったり『食事』と言っても、いろいろなことが原因になるので
当てはまるものはないのか考え、回避していかなくてはいけません。

飴をやめてキシリトールガムやタブレットに変えたり、飲みものをお茶にしたり、
砂糖を減らしたりとできることをしていきましょう。

この他にも原因になることはいろいろあるので、虫歯になりやすいのがわかったら
定期健診にきちんと行くことをオススメします。

子供の虫歯はわかりにくいので、虫歯になりやすい子は特に定期健診に行くことで
早い段階で虫歯を見つけることができますし、歯磨きなどの指導もしてもらえます。

2歳どころか1歳未満で虫歯になってしまう子もいます。

生えてきたばかりは虫歯にならないと言われているのに、生えてきた歯が虫歯・・・
なんてことも。

どうして?と理由がわからず悩んでいても、改善はできません。

親の責任と言われて落ち込むこともありますが、まずは虫歯菌の検査をしたり、
正しい虫歯予防を心がけましょう。

乳歯の虫歯を放置すると、永久歯にも影響があります。

親の責任と言われて辛いのなら、それ以上虫歯を増やさないように努力をしてください。

>>ブリアン歯磨き粉で子供の虫歯予防!詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ