子供の虫歯だけが口臭の原因ではありません

子供の虫歯が口臭の原因?というと、そういうわけではありません。

大人でも体調が悪い時など、口臭が強くなることがありますが、
これは子供でも同じこと。

そのため、原因は何か早く気付いてあげることが大切なのです。

もちろん、一番多い口臭の原因は「口の中のトラブル」

虫歯になっていなくても、歯磨きをしていなかったり、歯磨きをしていたとしても
汚れがキレイに落ちていないと口臭の原因になります。

そして、それを放置しておくと当然虫歯や歯周病にもなるので磨き残しがないか
しっかり確認をしてくださいね。

また、病気でなくても最近多いのが「口呼吸」

口呼吸をすると口を開いているので口の中が乾いてしまいます。

クセならガムを噛んだり、食事中によく噛ませたりと日頃の習慣で注意したり、
鼻呼吸をするようにトレーニングすることができますが、
鼻炎や鼻づまりが原因なら、先に治す必要があります。

蓄膿症などの思わぬ病気が見つかる場合もあるので、気になることがあれば
早めに医師に相談するようにしてください。

口呼吸は唾液が乾いてしまうので虫歯になりやすいし、歯並びが悪くなったり
アレルギーや病気になりやすいだけでなく、顔さえも変わってしまいます。

「アデノイド顔貌」という顔の特徴もあるので、なるべく早く治しましょう。

そして、この他にも
・便秘
・ストレス

など、大人と変わらないことも口臭の原因になります。

赤ちゃんの時から体質だったり、離乳食が始まったり偏食が多い子は
特に便秘に特に気を付けましょう。

子供にストレス?と思うかもしれませんが、入園や引越し、兄弟が出来たりなど
子供なりにストレスを感じることがあります。

ストレスを感じていると口の中が乾燥して口臭が強くなりますので、
環境の変化など思い当たることがあるなら、ストレス信号だと思ってください。

子供の虫歯や病気が原因の口臭は治療してしまえば改善されます。

しかし、それ以外のものは親が気付いてあげないと、なかなかな治らないことも。

歯磨きをする時に歯磨き粉を使えば・・・という安易な考え方はNGで、
そのときだけニオイをごまかすことはやめましょう。

また子供に虫歯がなくても、口臭は何かしらのサイン。

自分では気付かなくても、周りのお友達に言われて傷ついてしまうことがあります。

お友達は悪気がなくても、本人は気にして話したくないとか園や学校に行きたくない!
なんてこともあるので、歯磨きやお話をする時に親が気付いて早めに対処するよう
心がけてくださいね。

>>口内環境を改善!ブリアン歯磨き粉はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ