赤ちゃんの歯磨きはガーゼから始めよう

赤ちゃんの歯磨きは、ガーゼやおもちゃで「慣れる」ことから始めましょう。

歯が生え始めたり、離乳食が始まると歯磨きをそろそろ・・・と思うかもしれませんが、
歯が生えていなくても口の中を触って慣れることは歯磨きの第一歩です。

赤ちゃんはよだれが歯を守ってくれるので、すぐに虫歯になることはありません。

そのため、準備期間としてガーゼに慣れたら、歯ブラシを使っていきましょう。

ガーゼの使い方ですが、専用のシートもありますが、普通のガーゼでOKです。

指にガーゼを巻いたら水やぬるま湯で濡らして、歯や歯茎を優しく拭きましょう。

この時に嫌がってしまう場合は、ブリアン歯磨き粉のように歯が生え始めから使える
歯磨き粉を使っても良いです。


成分をしっかり確認して、ゆすぎ不要など安全性が高く、赤ちゃんでも安心して
使えるものにしてください。

またこのガーゼですが、使った後は水洗いでなく洗濯や熱湯消毒するのも良いですが、
洗剤や菌の心配があるなら、使い捨てのものを選びましょう。

何度も使う場合は、丁寧に洗って清潔にすることが大切です。

ただ、最初のうちは嫌がってしまうこともありますが、強引にするのはNG!

ケガをしてしまうこともあるので、機嫌の良い時に笑顔で優しく汚れをふき取ることと、
授乳のときと同じように抱っこしてスキンシップや遊びのひとつと考えてください。

赤ちゃんの歯磨きをガーゼでする時の注意点として
「指を口の奥まで入れない」

まず前歯が生えてきた時にガーゼを使うことになるので、奥に指を突っ込むことは
ほとんどしないと思いますが、口を開けてしまったときに突っ込んでしまうと
嘔吐反射で履いてしまうことがあるので気をつけましょう。

また、上唇の裏側部分(前歯の真ん中)のひだは傷つけたり、触らないように。

歯ブラシやガーゼでここを触ってしまうと痛みがあるので、痛いというイメージがついてしまい、
歯磨き嫌いになってしまうこともあるので注意が必要です。

上下の歯が生えてきたら歯ブラシへとステップアップしていきますが、
ガーゼの時点で痛い・怖いイメージがついてしまうと、後々も歯磨きが戦争になってしまいます。

そうならないように、赤ちゃんの時からガーゼで歯磨きを習慣にして、
虫歯のない歯を目指しましょう!

赤ちゃんでもイヤなものはイヤ、不快と感じるものはあります。

喋れなくても泣いてしまうのは嫌がっている証拠なので、歯磨きがそうなってしまわないように、
楽しくできるように工夫してみてくださいね。

>>赤ちゃんから使える!ブリアン歯磨き粉はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ